トップ新着作品深呼吸歌人作品アーカイブ時刻が表示されない方へ
ようこそ。深呼吸する言葉ネットワークです。

深呼吸和歌集2

「深呼吸神髄」

 

◇本の海のアストロラーベ


◇TOKOのタワゴト
 

 

 


深呼吸する言葉 1
「ドラマで泣いて、
人生充実するのか、
おまえ。 」


きつかわゆきお
■本の紹介はこちら。
Reaction

◇ブログなどに紹介されたら教えてください。

▼ブログ関係

◇日々、読んだもん。


◇吉本ばななさんの「2008年4月24日」

◇○○的なsomething

◇TOKYO HUNGRY GO AROUND

◇情報考学 Passion For The Future

◇本の海のアストロラーベ

◇わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

◇ネタフル

◇みたいもん

◇粉川哲夫の雑日記

◇雲のまにまに


◇gnarbs/四本淑三

◇うら@らむ 村山らむねの裏ブログ

◇タブロイド007/福田淳

◇yabuDK note 不知森の記

◇心のうち

◇田口ランディ公式ブログ

◇Zawazawa

◇週末斑尾人の暮らしと遊び

◇滑川海彦の ソーシャルメディアメモ

◇アドマン2.0@デキる広告マンの作り方

◇BOOK DARTS

◇Makeup Life! メイクアップ・ライフ!

◇ENDING ENDLESS 雑記帖

◇Janeまゆみのお洒落泥棒☆


◇棚から一枚

◇おやばか宣言

◇にわかせんべい

◇浅沼ヒロシの書評ブログ 晴読雨読日記

◇久米 信行「Tシャツ道」日記

◇肩の力を抜いていこう!

◇耐えられるにも限度がある、でも、歩いてく

◇人と組織を活かす!社長のブログ


◇虹色スタジアム

◇たとえば風に舞う木の葉のように

◇田中宏和の日々


▼媒体関係

◇北海道新聞 4月27日 今週の新刊と文庫

▼その他

◇bk1に自注を書きました。bk1の最初のレビューというのは、僕が書いたんだな(笑)

◇RJに自分でも書きました。

◇出版パーティ/八戸ニューシティホテル


■きつかわゆきおの「深呼吸する言葉」ブログ

■オンブック社長日記(ブログ)はこちら。

■「深呼吸する言葉ネットワーク」がスタートしました!


■プロモ映像

▼橘川メモ

======================================================================
●○◎デメ研・マルキ新聞 新刊発売号 2008.03.20◎○●(転載歓迎)
======================================================================

2度目のデビューは、
新しい顔で。

──────────────────────────────────
【book】 --きつかわゆきお 新刊発売されました--
──────────────────────────────────

橘川幸夫の新刊「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。 」(きつかわゆきお・
著 バジリコ。発行)発売されました。

◇橘川幸夫が「きつかわゆきお」という名前で再デビュー。四本淑三は、この名
前の変化を「橘川の少年化」と説明しました。

◇短いフレーズに、橘川の人生全ての想いを閉じこめました。それぞれの気分で
受け止めていただけると嬉しいです。

◇林雄二郎さんが「情報化社会」という言葉を作った時に、ある種の危機感を感
じています。「社会の情報化が進めば進ほど、コミニュケーション能力は衰弱す
るのではないか」というような危機感です。今回の本のタイトルは、「メディア
のコンテンツが充実すればするほど、現実が薄っぺらくなる」ということを表し
ました。恋愛ドラマで泣けば泣くほど現実の恋では泣かなくなる、そんなんで良
いのか、ということです。

◇普通の本を読む時は、読み進んで行って、気になるところがあればマーカーを
引く、ということがあると思います。本書はそうした読み方とは全く逆で、マー
カーされるべき言葉だけがあって、その前後の文脈は、読者一人一人にイメージ
してもらう、という趣向になっています。本の、新しい読み方を楽しんでいただ
ければ幸いです。

◇僕としては「深呼吸する言葉」というコンセプトで、しばらくこの形式を追求
したいと思っています。ただ世の中的に受け入れられないようであれば持続する
ことも出来ないので、ぜひ、今回の本がそこそこ売れて欲しいと思っています。
ぜひ、ご協力をお願いします。

1.まず、買ってくださいね。
2.読まれて何かしら感じていただければ、自分のブログなり、アマゾンのレビ
ューなりにコメントください。
3.読まれた人は分かると思いますが、本書は、若い人たちに読んでもらいたい
と思っています。プレゼント本としても、いけてると思います。

◇では、橘川の新しい展開を見ていってください。

◇アマゾンで検索する時は「きつかわゆきお」でお願いします。
◇サインが必要な方は、学芸大学までおいでください(笑)

────────────────────────────────────
●○◎ 発行:橘川幸夫(mailto:kit@demeken.co.jp)
◎○●デジタルメディア研究所 http://www.demeken.co.jp

━*PR*━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼橘川のテキストが毎日配信されるピリオ・メルマガ
http://asp.friendlylab.co.jp/periodical/kit/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*PR*━━━━━━

●080317
*クリエイティブ・コモンズの方式をとったので、いろんな人が、気に入ってくれたフレーズをネットにあげてくれている。それも
まったくみんな選ぶフレーズが違うので、すぐに、108本全部があがってくるだろう(笑)。

●080316
*本を出して、いろんな人からメールが来だしたが、とにかく、「良いフレーズ」「悪いフレーズ」が一人一人まるで違うというのが面白い。僕も、あんまり考えすぎずに、出てきたフレーズは、どんどん出して行った方がよいな。

*例えば、アマゾンの版元からのコメントに引用されている「●僕らは人類の寿命を知った最初の世代である。」というのは、編集の安藤くんが気にいったのだろうけど、僕が気にいらなくて途中で削った(笑)。

*要するに読む人によって、違う印象を持つ本になるということだな。つまり「読む人が編集する本」。おお、「ポンプ」の時のコンセプトそのものではないか!

*「きつかわゆきお」という名前は、四本が指摘したように、橘川幸夫のネオテニー(幼形進化)だ、というのは、流石、四本、言われてみればその通り (笑)。僕の名前は難しいので、子どもの時は、ずっと、ひらがなだったな。本書は僕が子どもの頃に戻っていくスタートだろう。「死ぬときはオギャー」とい うのは、20歳ぐらいの時に天啓のように(笑)思ったことで、「死は生」ということです。死ぬ時は別のものに誕生してやる(笑)という20歳橘川の意気込 み。

*インターネットと携帯通信の時代の新体詩運動というのをやりたい。自分なりの「深呼吸する言葉」を書いた人は、金のない人はオンブックで、金のある人は自費出版で、出せる仕組みを作ってあります。


ETC

◇橘川のブログはこちら。


◇橘川の毎日配信メルマガ「ピリオ」はこちら。


にほんブログ村 本ブログ

ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」プロモーションビデオ