深呼吸する言葉ネットワーク
トップ新着作品深呼吸歌人作品アーカイブ時刻が表示されない方へ
新着作品を日別に保存しています。4月29日以前の作品は一部しか保存できませんでした。
2012-07-21 (16件)
深呼吸する言葉・タンゲ◇アキラ 2012-07-21 22:55
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0001
先生にチャチャをいれる息子に、 幼い頃の自分が重なり、 何も言えない。
深呼吸する言葉・doggymank 2012-07-21 22:42
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0002
自販機内の飲料間に価格差がある方が、格差社会じゃない気がする。
深呼吸する言葉・浅田一憲 2012-07-21 20:48
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0003
本当の正義の味方は、目立ったりしない。 小心者にして心優しく、人を見ては自分を責めている。 行き過ぎた人を見て心を痛め、大き過ぎる声に埋もれながら、声にならぬ声を発すべき日をそっと待っている。
深呼吸する言葉・Mr.Spice 2012-07-21 14:53
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0004
マイナスもかけあわせればプラスになる。
Semi Long Peace さいとうゆういちろう 2012-07-21 13:14
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0005
高齢化社会の最大の問題は、多くが古い慣習、良識に縛られ、思考停止の内に、 想像できる未来が、10、20年、下手すれば2、3年の範囲に狭められてしまい、 100年先を良くするために、新しいことを始めようという、気概がなくなり、 現状維持か、ちょっと悪くても、あまり変わらなければとりあえず良しという判断ばかりになって、 気付けない速度で、社会全体が徐々に劣化して行くことのような気がしてならない。=深呼吸する言葉=
深呼吸する言葉・コウ 2012-07-21 09:34
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0006
たったひとりでいい、自分のことを気にかけてくれる誰かが傍にいてくれるだけで救われるんだ。そういう「誰か」でありたいと常に思っている。
深呼吸する言葉・エツコ@石鹸職人 2012-07-21 09:27
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0007
「どんなクソババアでも所詮はか弱い女性じゃない?」って男ならあっさり言えなくてどうするよ。
深呼吸する言葉・きつかわゆきお 2012-07-21 08:40
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0008
間違いは修正出来るが、やり過ぎたものは修復出来ない。正しいこともほどほどに。 #深呼吸
深呼吸する言葉・はい がしみや 2012-07-21 08:03
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0009
ねえ、もし辛いことがあるならば声掛けてくれよ。 そばにいることしかできないけれど。 そばにいることはできるんだ。
深呼吸する言葉・ワタナベ 2012-07-21 07:32
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0010
当初から深くて広い場所の声を届けてきたのではなかった。 ただ、耳が身心に直結する唄を作ってきた。 一等身近な場所からの声が、昔の唄を新しくしていく、それもまた聴いている耳。 耳は死の後にも生きていく。
深呼吸する言葉・湖都之波 2012-07-21 06:45
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0011
休みだからって、暇ってわけじゃないけれど、それでも嬉しい休暇かな。
深呼吸する言葉・DUB主任 2012-07-21 01:52
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0012
人の悪口言ってるだけは、自分の評判下げるに等しい。それが正当な批評だと思っていてもだよ。求めるべくは解決なのだからして。
深呼吸する言葉・秋津英二 2012-07-21 01:43
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0013
「鳩」の辞書に「節操」という文字はない?
深呼吸する言葉・タンゲ◇アキラ 2012-07-21 01:43
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0014
解決策から、 課題を導き出すこともある。
深呼吸する言葉・かねこゆきお 2012-07-21 00:05
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0015
誰がなんといおうと、この国のすばらしさの一つは「銃社会」でないということだ。それが結果論であろうがなんでも。
深呼吸する言葉・のりたまん 2012-07-21
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0721-0016
雨の後にしか「虹」は見えないんだよ。
総表示件数 16
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」プロモーションビデオ