深呼吸する言葉ネットワーク
トップ新着作品深呼吸歌人作品アーカイブ時刻が表示されない方へ
新着作品を日別に保存しています。4月29日以前の作品は一部しか保存できませんでした。
2012-05-24 (17件)
深呼吸する言葉・あすた 2012-05-24 23:59
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0001
これまで通りからちょっと外れて、気まぐれ信号を右左折し、覗き込んだ路地で前を歩く猫か鳩の後をついて行ったなら、そこにあるかもしれない新視界。
深呼吸する言葉・浅田一憲 2012-05-24 19:11
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0002
閉塞感があって先行き暗いのは、お年寄りだけの話だ。 君たち若者にとって、今は、これまでにないくらい多くのチャンスが転がっている時代。
深呼吸する言葉・michiko 2012-05-24 16:53
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0003
一日の始まりはコップ一杯の白湯から。今年の冬の或る日、図書館の雑誌が身体の叫びに答える。継続の先は「ムンクの叫び」でないと確かに感じる。
深呼吸する言葉・港の女「J」 2012-05-24 16:39
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0004
狂い鳴く雀に猫どもが小躍りする曇天。
深呼吸する言葉・まな 2012-05-24 13:35
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0005
自分の期待を裏切られることも込みで、まるごとその人を受け入れることを「人を信じる」って言うんだろう。
深呼吸する言葉・たかきのぶやす 2012-05-24 13:26
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0006
人らしさを排除するような仕組みに向かっていないかを疑ってみろ。
深呼吸する言葉・エツコ@石鹸職人 2012-05-24 11:46
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0007
きらきらクリアーな水晶になりたかったかもしれない。 成長を止める毎に不純物を内包し年輪のようなラインを作るファントム水晶。 万能じゃないけど愛される石。
深呼吸する言葉・Mr.Spice 2012-05-24 11:45
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0008
差別されている差別用語を擁護。
深呼吸する言葉・ワタナベ 2012-05-24 09:42
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0009
それでも、木々を訪ねよう。 わたしたちにとって親しい、汚された親戚たち――。 あなたを呼ぶ1本の木と出逢えるはずだ。 ゆっくり確かに歩いていき、風と一緒に、1つだけ尋ねよう。 「また来ていいですか?」
深呼吸する言葉・浜田えみな 2012-05-24 07:10
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0010
人は、言葉に傷つき、言葉に癒される。言葉にとらわれ、言葉にほどかれる。一つの言葉には、いろいろな受け止めかたがあり、だからこそ、コトバ家としてできることがある。→ *
深呼吸する言葉・はい がしみや 2012-05-24 07:02
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0011
100万回の失敗に、100万回の涙で応えよう。ぼくは。
深呼吸する言葉・きつかわゆきお 2012-05-24 06:02
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0012
自分の審判員は、19歳の自分にしておこう。 #深呼吸
深呼吸する言葉・コウ 2012-05-24 03:02
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0013
確かに「もったいない」精神はとても大事だと思うよ。でも、既にあるものを眺めて呟いていても、あんまし建設的ではないね。まず肝心なのは、思い切って捨て去ることでしょ。そう、文章方面は特にね。
深呼吸する言葉・タンゲ◇アキラ 2012-05-24 00:51
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0014
やらされ仕事は、 頼まれ仕事と捉えろ。
深呼吸する言葉・かねこゆきお 2012-05-24 00:12
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0015
勝負師は「変化」の起こる「確率」と「タイミング」を考える。しかし、ほとんどの人は、「変化」の起こらない「確率」と「方法」を考えてる。
深呼吸する言葉・まな 2012-05-24 00:05
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0016
他人のことを適度に放っておけることは必要だけど、それは無関心になることではない。
深呼吸する言葉・のりたまん 2012-05-24
言葉ナンバー KOTOBA-2012-0524-0017
評判ほど信頼性に欠けるものだ。
総表示件数 17
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」プロモーションビデオ